健康(Health)

【簡単レシピ】ココアパウダーでチョコショートブレッド

 

View this post on Instagram

 

今日のピヨクッキング 桜も満開、のところがあるので、 桜のココアショートブレッド🌸w 材料 ・砂糖50g ・有塩バター100g ・薄力粉150g ・ココアパウダー 10g 材料の割合は、 砂糖1:バター2:薄力粉3 なので覚えやすいですねw 作り方 バターは常温に戻しておく 1、バターと砂糖を混ぜる。 2、小麦粉をふるいにかけて入れて、さらに混ぜる。 ココアパウダーも投入。 3、ボールのようになるまでこねたら、生地を伸ばして形を整える。 4、冷蔵庫で30分ほど寝かせる。 5、オーブンを200℃に予熱しておく。 5、桜の型で抜く 7、オーブンの温度を160℃まで下げ、20分ほど焼いたら出来上がり。 焼き上がり、底の面が広がってしまいましたorz 生地の空気抜きが甘かった?か、 生地の冷やしが足りなかったか?w #ピヨチャンネル #卵使わない #ショートブレッド #バター #砂糖 #小麦粉 #クッキー #ココア #お菓子 #スイーツ #オーブン #スコットランド #伝統 #scotland #sweets #cooking #shortbread #cookies #cookie #instafood #instasweets #菓子 #手作り #手作りお菓子 #手作りおやつ #おやつ #デザート #焼き菓子 #焼菓子 #スイーツ男子

八木 裕之 Hiroyuki Yagiさん(@hiyagichan)がシェアした投稿 –

【簡単レシピ】ココアパウダーでチョコショートブレッド

こないだも作ったのに。

簡単に作れるので、食べたくなるとついつい作ってしまうこのお菓子。

市販されているもので有名なものだと、このウォーカーのショートブレッド

今回はココアパウダーを混ぜて、チョコ味にしてみます。

材料

・砂糖50g
・有塩バター100g
・薄力粉150g
・ココアパウダー10g

以上。 シンプルでわかりやすいですね。

材料の比率が、

砂糖1:バター2:薄力粉3

となっているので覚えやすいです。

少量だけ作るのであれば、
・砂糖25g
・有塩バター50g
・薄力粉75g

たくさん作るのであれば、
・砂糖100g
・有塩バター200g
・薄力粉300g

のように、好きに変更できますね。

作成開始

砂糖とバターを混ぜます。(ゴムベラで)

バターは冷蔵庫から出した状態だと固すぎて混ぜられないので、常温に戻す。

または、レンジで少しだけチン。溶かしすぎは絶対NG。

混ぜ終わったら、薄力粉(小麦粉)をふるいにかけて投入。

ココアパウダーも投入しゴムベラで混ぜてこねていきます。

この混ぜ作業が一番大変です。粉っぽいので、なかなか混ざりません。

手が疲れますw

ボール状になるまでこねたら、ラップに包み、形を四角にし整えます。

冷蔵庫で30分〜1時間寝かせます。

生地を寝かせ終わったら、オーブンを200℃で予熱しておきます。

生地をお好みの形にカット。

ウォーカーのショートブレッド風にするなら、長方形にカットし、爪楊枝や、お箸を使って適当に穴を刺します。

※カロリーメイトのチョコ味に見えなくもありません。

春なので、桜の型で抜いてみます( ´∀`)

完成

オーブンを160℃まで下げ、20分ほど焼いたら出来上がり。

茶色なので、途中の焼き具合がわかりづらいです。

ただ、焼き具合を確認しようと、途中でオーブンの扉を開けるたびに温度が下がってしまうので、要注意です。

お使いのオーブンにより、温度設定や、焼き時間が微妙に異なるので、調整して下さい。

今回は、棒状にした方(カロリーメイトチョコ味風の方)は、底が広がってしまいました。

生地を寝かせた後、カットに時間がかかり、生地の温度が上がってしまったのが原因と思われます。(上に穴をプスプス開ける作業が時間がかかります汗)

冷蔵庫から生地を出したら、速やかにカットして、オーブンで焼き始めるのが、形が崩れないコツですね。

味は抜群に美味しい。

ついつい何個も食べてしまいます。

市販のクッキーは食品添加物(保存料、着色料等、光沢剤等)が入っているので気になるという方、お子様のおやつなどににおすすめですね。

このレシピが参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

関連記事

ピヨクッキング! 材料シンプルお菓子「ショートブレッド」レシピ!

ピヨクッキング! 超簡単、ベーキングパウダー無し、マドレーヌ!