ガジェット(Gadget)

【MacBook Pro】モニタの違いによるスクリーンショットの違い

【MacBook Pro】モニタの違いによるスクリーンショットの違い

ブログを書いたり、動画を編集したりするのが、ノートの15インチモニタだけでは、若干作業しずらい時があったので、

昔使っていたDELL(P2314H)のモニターを、押入れから引っ張り出して、MacBookProに接続して、デュアルモニタ環境にしました。

このモニターの出力端子は、
VGAと、DVI、ディスプレイポート(DP)の3つ。

MacBook Proに付いている、HDMI端子に接続するには、

DisplayPort – HDMIケーブル

または、
DVI – HDMIケーブル、が必要になります。

ちなみに自分はDVI – HDMIケーブルを使用しました。

 

それでは本題に進みます。

Macで作業中に、スクリーンショットを撮ることが多々あります。

今までMacBook Proのモニタ1台で作業していて、気にもしていませんでしたが、

MacBook Proのモニタ側で撮ったスクリーンショットと、

セカンドモニタ側のDELLのモニタで撮ったスクリーンショットが違ったのです。。

MacBook Pro側で撮ったスクリーンショット(このMacについて)

DELLのモニタで撮ったスクリーンショット

MacBook Pro側で撮ったスクリーンショットの方が綺麗です。

ピクセル数は、どちらも600×362にしてあります。(してあります、というのがミソ)

画像の詳細を確認します

MacBook Pro側で撮ったスクショの詳細

DELLのモニタで撮ったスクショの詳細 

MacBook Pro側で撮ったスクショ
1200×724、285KB

DELLのモニタで撮ったスクショの詳細
600×362、112KB

DELLのモニタのスクショは解像度がぴったり半分になっています。

という事で、スクリーンショットを撮る時は、

MacBook Proの内蔵モニタ側で撮りましょう!

 

で終わらせるわけには行かないので、調べてみます。

モニタを調べてみます

MacBook Pro15インチの内蔵モニタの解像度は、2880 x 1800
DELLのモニタ(P2314H)の解像度は、1920 x 1080

複数のモニタを使用し、

同じウィンドウサイズでスクリーンショットを撮る場合。

解像度が高い(数値が大きい)方のモニタ側で撮った方が、

精細な画像になります。

今回のようなケースの場合、外部モニタで4Kモニタ(3840 × 2160)で撮れば、

MacBook Proの内蔵モニタ側で撮ったスクショよりも更に、

精細な画像が撮れるはずです。