ビジネス(Business)

ブログの書き方、書くコツ、読んでもらう方法

完全に自分に向けて書きますw

ブログの書き方とは、うまく書くコツ

そもそも論ですが、初めのうちは、何かを発信しようとする時に、

自分の主張を述べるために、書きたい事を書こうとします。

当たり前に思えますが。しかし、

書きたいことは書くな!

書きたいことを書いたところで、相手に伝わらなければ、書く労力の無駄です。

相手が何を求めているかを確認し、それに対して発信してあげなければなりません。

いわゆる、相手の悩みを解決してあげる、ということです。

読んでもらう読者の視点で書く

基本的に、ブログをブックマークして定期的に見てもらっているようなファンでない場合、

検索エンジン(Google、yahooなど)で検索して、一番上にあるサイトや上位3つ位のサイトを見ますよね。

ブログを書いている人がどんな人だとか、その人の考え方、主張がどうだとか関係ありません。

Googleがランキングをつけて、上位にヒットした記事をパッと見て、有益なのか、参考にならないのか、ただそれだけで判断します。

読者のためにならなければ意味がない

つまり、見ている人が検索した言葉、例えば「ブログ 書き方」で検索した人は、

・ブログの書き方を知りたい

・ブログが書けるようになりたい

・ブログをうまく書くための方法を知りたい。

という欲求があり、

今ブログがうまく書けなかったり、

どうやって書くのか悩みがあるのです。

いきなり記事を書かない

読者は悩みがあって、それを解決したい、

悩みを解決するために、検索エンジンの入力欄に、悩みを解決出来るであろう言葉を入力して、解決策を探します。

つまり、どんな検索ワードで検索するのか、が重要です。

検索ワードありきで記事を書くのです。

(完全に自分に向けて書いています。w)

まずは、どんな検索ワードで検索した時に、この自分の記事が読まれて欲しいかを考えてから、記事の構成を考え、タイトル、見出しをつけて、そこから本文を書きましょう。