ビジネス(Business)

ジェネラリスト(総合職)よりスペシャリスト(専門職)、プロフィール欄にこだわる

ツイッターでアカウントを指摘してもらった件

@Tsutsumu_Pさんがツイッターアカウントを辛口レビューする企画を行なっていたので、自分のアカウントをレビューしてもらいました!

その結果がこちら。。

的確すぎる。。orz

プロフィール欄はなるべくわかりやすく!シンプルに!

今までは、プロフィール欄に、過去の職歴として、”家電量販店の店員”だとか、”ステーキ屋”だとか書いていたり、旅行が好きだから、”旅行”だとか書いていたり。

ただ、ツイッター始めて1、2ヶ月、フォロワー数もたった数百のド素人、ド新人のプロフ欄にあれこれ書いてあって、初めて見た人は何を感じるか。

「で?あなたはどんな人なの? つまり、何やってる人なの? フォローする価値ないな。」

ってなる。

何でも屋より、オンリーワン

って事で、削りました。

ただ削っただけですが、ごちゃごちゃせずスッキリしたかなと。

これで終わりではないので、ここから更に改善は必要ですが、とりあえずこれでいきます。

ネットで調べれば、誰でも広く浅い知識は手に入る時代。

求められるのは、ジェネラリスト(総合職)ではなくスペシャリスト(専門職)

◯◯の事ならあの人だよね。

と思われなければ、刺さらない、覚えてもらえない。

自分であれば、今毎日インスタで投稿しているニワトリ関連を打ち出すことが、見ている人にとって一番わかりやすい。

あー、yagichanさんって、ニワトリの人ね、ニワトリの事ならとりあえず、yagichanさんに聞いてみよっか、って認知してもらわなければならない。

刺さるためには、尖っている必要がある

人の心に刺さるためには、丸くてはダメ、

鋭く尖っていなければならない。

尖るということは、専門性を持つということ、

プロフ欄は、たくさん詰め込みたくなりますが、打ち出したい、アピールしたい事を1個とか2個に絞って書きましょう!