動物(Animal)

ニワトリの卵販売時の、エサ代回収のための損益分岐点

ニワトリの卵、いくらで何個売れば儲かるのか

ニワトリの卵、販売始めました。

地元のお肉屋さんで1個50円にて販売開始。

売れ行きはまぁまぁ。

どんな人が買っていくのか、というと、

普通にスーパーで買う場合、1パック10個入りで売られていますが、

10個も食べ切れない、1個、2個だけで十分、

といった、比較的、ご年配の方が買っていくそうな。

ニワトリの餌は、ホームセンターにて、大袋を購入

ホームセンター、ジョイフル本田、まつ号、1袋20kg入りで1780円也。

大袋シリーズは他にも品揃えがあるのですが、まつ号が一番売れてそうです。

損益分岐点を計算してみる

エサ、1週間で、このまつ号を2袋使用します。

1ヶ月4週間だとして、8袋。

→ 1780円×8袋 = 14240円

→ 1ヶ月当たり、エサ代 14240円

結構かかりますね。

現在、卵、1個50円で販売中。

エサ代を、卵の単価で割ってみる、

→ 14240円/50個 =284.8個

卵を285以上売れれば、エサ代は回収出来る試算です。

1日平均にすると、

285個/30日 =9.5個

1日10個以上、産んでくれれば良いということですね。

ニワトリちゃん達よ、頑張ってね☆

 

※単純に売り上げベースでの試算ですので、

実際には、卵を販売させてもらっているお肉屋さんの取り分があるので、

もっと売らないとダメですね。。